お月さま🌙 専門チャネル

月がなければ、夜は永遠に闇の世界だったはず・・ 月は世界を照らす魔法のランプなのだ。

続「世界○フシギ “古代文明ミステリー”」 謎解く鍵を 握る者

 

自分たちの理解を、はるかに 超える事がら。

それを 私たちは「謎」と 称するのかもしれない。

f:id:yudukisakuta:20190904191930j:plain


 

 

果たして 謎解く鍵を、人類が手にすることは できるのだろか?

 

 

改めて注目‼ 古代宇宙飛行士説

 

今回、はじめて お越しくださった方なら

前回のあらましを 連ねるより、所要時間 約3分🎵

ざざざーッと  ⇓⇓⇓ ぜひ先に 読んでみてほしい ♬♫

  www.moonchannel888.com

 

 

前出の 3つの文明に

共通する点が 古代宇宙飛行士説だ。

ナスカ地上絵や 英ストーンヘンジなども該当するらしい。

 

 

宇宙船で 地球に やって来た宇宙人が

人類を創造し、高等文明を授けた、って説。

 

またなのぉ?って、あなどるなかれ笑

宇宙考古学とも呼ばれ、研究家は 案外多い。

 

 

アヌンナキの存在は 否定できない

 

ブックマークをくださった方からも 名前が挙がったのだけど

宇宙飛行士説を唱えたのは、言語学者で考古学者のゼカリア・シッチン。

 

シッチンは、古代シュメールの石板文字を 解読したと述べたとか。

アヌンナキ(蛇人の意)は 宇宙人であり、神でもあるとしている。

 

3600年周期で太陽を廻る 第10番惑星、ニビル。

ニビルから飛来した アヌンナキが、自分たちと 類人猿の

DNAをかけ合わせて 遺伝子操作を行い、人類を創りだしたのだと。

 

 

ま。これについては、賛美両論が(すさまじく)ある笑

だけど今じゃ『進化論』だって、邪道扱いで 論破する反対派もいるほど。

 

地球は丸いんだぞ論だって、当初は鼻つまみもの。嘲笑の的だったのだ。

シッチンの説だって、誰に 否定する権利があろうか笑

 

 

謎 解くきっかけは どこに?

 

シッチンを支持する向きもあって、前コロラド州立大学教授の

生物学・人類学者、アーサー・ホーン博士などは よく知られてるよね。

 

気になったのは、『ネイチャー』に語られた ベイラー医科大の

ヒトゲノム解析センター部長、スティーブン・シェアラー博士の報告。

 

 

「人類が過去10万年間のどこかの時点で、突然に223個の新遺伝子を獲得し

新たな種、“ヒト”として 大躍進を遂げたことが 判明した」

 

諸説ありすぎて、実際どうなのよ?(@_@) 笑

 

 

実は 先述のニビルの軌道に まさしく合致する

惑星も 先日見つかり、かな~り 興味津々だよー笑

 

 

謎解く鍵を 握るのは・・

類人猿とのハイブリッド、 私たち?笑

いっそ AIに 丸投げする?笑