お月さま🌙 専門チャネル

月がなければ、夜は永遠に闇の世界だったはず・・ 月は世界を照らす魔法のランプなのだ。

猫娘、『百人一首』特命ミッションの旅

 

とあるミッションを受け、猫娘は やってきた笑

 

f:id:yudukisakuta:20191007090804j:plain

 

はるか未来の 令和から、タイムマシンでひとっ飛び。

時空をこえ、そこは いにしえの月詠む 万葉の旅空だった。

 

 

タイムマシンで びゅーん‼ 笑

 

世界の隅っこ 地の果てまで

現代も、百年前、千年前も 空にあったお月さま。

 

そういえば日本には、和歌という貴重な財産があった。

きめ細やかな情緒で、豊かな感受性をもつ 国民性だからね。

月を見て願いをかけたり、ため息 ついていたことだろなー。

 

 

猫娘の母などは、『百人一首』カルタとりの 女王だったらしい笑

そのため猫娘は、子どもの頃から『百人一首』には なじみがあった。

 

そしてそして、お月さまを詠んだ歌は 格別な味わい、なのだそうだ笑

 

そんな猫娘のAI-phoneに、突然

「特命ミッション」なる通達が 届いたようなのだ (゚Θ゚)ゞ

 

 

月を愛でる『百人一首』・・ならぬ『百一人一首』だ?

 

『百人一首』だとばかり 思っていたら、なんとなんと‼

『百一人一首』に 切り替わっている、っていうじゃないか?

 

な、何ですのそれ ((´゚д゚`)))) キョト―――ン 💦

 

つまり、だ笑 

『百一人一首』になっちゃたワケを探ってこーーーい、てことだべさ笑

 

 

ちなみにお気に入りの三首を、好きな順序でご紹介しよかなー。

 

 

🌝 夏の夜はまだ宵ながら明けぬるを 雲のいづこに月宿るらむ

                  by; 清原深養父(清少納言の曽祖父)

 

🌝 めぐりあひて見しやそれとも分かぬまに 雲がくれにし夜半の月かな

                  by; 紫式部

 

🌝 有明のつれなく見えし別れより 暁ばかり憂きものはなし

                  by; 壬生忠岑

 

 

101人?! 人数が(勝手に)増員されたの?笑

 

調査の結果、新たな情報をゲットした。

こーんな歌を ⇓⇓⇓ 詠んだヤツが いたのだそうな笑

 

可惜夜(あたらよ)の光届きし海の底 生まれ変わりを祈りこそすれ

                    作者;結月 (〃艸〃)笑

 

ヤツめ、自らを「101人めの作者」だと名乗りおおせたのだという。

 

 

厚顔無恥にも 程がある。。|д゚)💦笑

そして 歌を勝手に書きなぐると

逃げるよに立ち去った、との目撃情報まで 出てくる始末。

 

「お待ちくださいっ」の声が、万葉の山々に

こだましたとか、しなかったとか (;´Ο`)ノ 

 

 

さーて、そろボチ 帰ろかな。

可愛いあのひとが 寂しがるからね (^_-)-☆

 

あららー。どやって 帰るんだっけ? Σ(゚Д゚lll) 笑